フィッチ:イタリア2段階格下げ、スペインなどユーロ圏4カ国も

格付け会社フィッチ・レーティ ングスは27日、イタリアの格付けを2段階引き下げた。同国の借り 入れコスト急上昇による影響が格下げの要因。

発表資料によると、フィッチはイタリアに格付け「A-」を付 与、従来の「A+」から引き下げた。フィッチによるイタリアの格下 げは昨年の10月7以来で2度目。フィッチはまた、ベルギーとキプ ロス、スペイン、スロベニアの格付けも引き下げた。アイルランドは 格付けを維持したが、同国を含む6カ国の格付けアウトルックは「ネ ガティブ(弱含み)」となっている。

フィッチは、「危機波及や自己実現的な流動性危機に対する信 頼できる金融のファイアウォール(防火壁)が欠如している状況で」 ユーロ圏政府は資金調達リスクに直面していると指摘した。さらにイ タリアについては、「金利格差の変化や、それに伴う公的債務のダイ ナミクスに悪い影響が及んでおり」、同国はこうした問題に取り組ん でいると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE