NY金先物(27日):3日続伸、7週間ぶり高値-ドルの下落で

ニューヨーク金先物相場は3日 続伸。7週間ぶりの高値となった。ギリシャと債権者との合意は近い とする欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)の発言を手掛かり に、ドルが下落したことが背景。

ギリシャと民間債権者は同国の債務減免の条件に関して詳細を詰 めている。米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策金利を少なくと も2014年終盤までは低水準で維持する意向を示したことを主因に、 金は今週4.3%上昇、一方ドルは1.7%値下がりした。

オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州)の創業者、ジ ェームズ・コーディアー氏は電話インタビューで、「ギリシャが近く 合意に達する可能性があり、欧州情勢は上向きつつあることが好感さ れている」と指摘。「今週のFOMC声明は金に非常に有利な材料だ」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 4月限は前日比0.3%高の1オンス=1735.40ドルで終了。終値で は先月7日以来の高値となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE