1月27日の欧州マーケットサマリー:株は反落、イタリア債上昇

欧州の為替・株式・債券・商品 相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3181 1.3109 ドル/円 76.70 77.45 ユーロ/円 101.09 101.53

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 255.40 -2.46 -1.0% 英FT100 5,733.45 -61.75 -1.1% 独DAX 6,511.98 -27.87 -.4% 仏CAC40 3,318.76 -44.47 -1.3%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .19% +.01 独国債10年物 1.86% -.01 英国債10年物 2.07% -.02

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,726.00 -1.00 -.06% 原油 北海ブレント 111.25 +.46 +.42%

◎欧州株式市場

27日の欧州株式相場は反落。昨年第4四半期(10-12月)の 米国内総生産(GDP)伸び率が市場予想を下回ったことを嫌気した。 ストックス欧州600指数は前日に5カ月ぶり高値で引けていた。

英石油会社BPが安い。同社は2010年の米メキシコ湾原油流 出事故で発生した費用の一部を、爆発したリグ(掘削装置)を保有し ていたトランスオーシャン(本社スイス)から回収できないと、米連 邦地裁判事が判断を下した。JPモルガン・チェースが投資判断を引 き下げたフランスの銀行BNPパリバも大幅安。同銘柄が主導する形 で欧州銀行株指数も下げた。

ストックス欧州600指数は前日比1%安の255.40で終了。先 月14日以来の大幅下落となった。週ベースでは6週間ぶりに下げ、

0.2%の値下がり。ギリシャではこの日も、債務減免をめぐって政府 と民間債権者が協議を続ける。指数は年初来では4.4%上昇してお り、前日はここ1年弱で2度目の強気相場入りを果たした。

IGインデックスの市場アナリスト、クリス・ビューチャンプ氏 は「午後になって米GDP統計が予想を下回ると、売りの勢いが強ま った」と述べ、同統計が「株式相場を全体的に軟調にするきっかけと なった」と説明した。

ストックス欧州600指数は前日、1.1%高で終了。昨年9月 22日に付けた安値から20%上昇し、強気相場入りした。米経済回 復の兆しやユーロ圏の債務危機封じ込めへの期待が株価を支えてきた。

米商務省がこの日発表した昨年第4四半期の実質GDP(季節調 整済み、年率)速報値は前期比2.8%増。ブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミストの予想中央値は3%増だった。

この日の西欧市場では、アイスランドを除く17カ国で主要株価 指数が下落。BPは2.6%安の464.55ペンスとなり、ストックス 欧州600指数の下げに最も寄与した。

米ニューオーリンズの連邦地裁判事は26日、原油流出事故で発 生した経済的損害とコスト400億ドルの一部をBPはトランスオー シャンから回収することはできないとの判断を下した。BPが昨年4 月に同地裁に提訴したトランスオーシャンは、この日の市場で

0.9%高の43.83スイス・フラン。

BNPパリバは3.3%下げ、34.64ユーロで終了した。

◎欧州債券市場

27日の欧州債市場ではイタリア国債相場が上昇。2年債利回り は一時、昨年9月以来の低水準となった。ギリシャと民間債権者が債 務交換で合意に近づきつつあるとの楽観が高まる中、イタリア国債入 札で借り入れコストが低下したことが手掛かり。

欧州中央銀行(ECB)が昨年12月に実施した期間3年の資金 オペで市中銀行への資金供給が拡大。これを背景にスペイン10年債 は年初来で最大の値上がりとなった。月間ベースでも上昇している。 イタリアはこの日、182日物証券を80億ユーロ発行した。落札利 回りは1.969%と、昨年5月以来の低水準となった。

ドイツ国債のパフォーマンスはその他の国債を下回った。欧州連 合(EU)の行政執行機関である欧州委員会のレーン委員(経済・通 貨担当)が同日、関係当局はギリシャ債務減免での民間関与について 月内の合意に極めて近いと発言したことを受け、域内で最も安全とさ れるドイツ国債の需要が後退した。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ スタメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「国債相場はECBの長 期資金供給オペから若干恩恵を受けた」と述べた。「ECBがこうし た措置を講じて以来、周辺国に対する投資家の姿勢が決定的に変わっ た。ギリシャをめぐる不安がまだあるものの、スペインとイタリア国 債の購入を投資家は手控えていない」と続けた。

ロンドン時間午後4時29分現在、イタリア2年債利回りは前日 比7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.52%。 一時3.49%まで下げ、9月2日以来の低水準となった。同国債(表 面利率2.25%、2013年11月償還)価格はこの日、0.11上げ

97.91。

イタリア10年債利回りは15bp低下し5.9%。同年限のドイ ツ国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は14bp縮小し404 bp。昨年11月9日には575bpまで拡大していた。

スペイン国債

スペイン10年債利回りは前日比24bp低下し4.97%。一時 は25bp下げ、日中取引として先月28日以降で最大の低下となっ た。ドイツ10年債に対するスプレッドは310bpまで縮小し、先 月21日以来の最小となる場面もあった。

ドイツ10年債利回りは1.86%と、前日からほぼ変わらずとな った。イタリアやスペイン、ベルギー、オーストリア、フランス、フ ィンランドの国債のパフォーマンスを下回った。

◎英国債市場

27日の英国債相場は上昇、10年債利回りは1週間ぶり低水準 を付けた。緊縮策が重しとなりユーロ圏景気が停滞するとの懸念から、 比較的安全とされる英国債の需要が高まった。

この日発表されたスペインの失業率は15年ぶり高水準に悪化し た。英2年債相場は週ベースで上昇。欧州連合(EU)の行政執行機 関である欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は同日、関係当 局はギリシャ債務減免での民間関与について月内の合意に「極めて近 い」と発言した。

ニューエッジ・グループの債券アナリスト、アナリサ・ピアッツ ァ氏(ロンドン在勤)は「市場には引き続き警戒感がある」と述べ、 「ギリシャ債務交渉の結果はどうなるか分からない。個人的には最終 的に何らかの解決策が出てくるとみているが、こうした不透明感が 『AAA』格付けの国債需要を支えている」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時51分現在、10年債利回りは前日比2ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.07%。一時は

2.03%まで下げ、19日以来の低水準となった。同国債(表面利率

3.75%、2021年9月償還)価格はこの日、0.195上げ114.60。

2年債利回りは0.38%で、前日からほぼ変わらず。前週末比で は3bp低下した。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE