欧州債(27日):イタリア債上昇、順調な入札で-スペイン債も堅調

27日の欧州債市場ではイタリ ア国債相場が上昇。2年債利回りは一時、昨年9月以来の低水準とな った。ギリシャと民間債権者が債務交換で合意に近づきつつあるとの 楽観が高まる中、イタリア国債入札で借り入れコストが低下したこと が手掛かり。

欧州中央銀行(ECB)が昨年12月に実施した期間3年の資金 オペで市中銀行への資金供給が拡大。これを背景にスペイン10年債 は年初来で最大の値上がりとなった。月間ベースでも上昇している。 イタリアはこの日、182日物証券を80億ユーロ発行した。落札利回 りは1.969%と、昨年5月以来の低水準となった。

ドイツ国債のパフォーマンスはその他の国債を下回った。欧州連 合(EU)の行政執行機関である欧州委員会のレーン委員(経済・通 貨担当)が同日、関係当局はギリシャ債務減免での民間関与について 月内の合意に極めて近いと発言したことを受け、域内で最も安全とさ れるドイツ国債の需要が後退した。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ スタメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「国債相場はECBの長 期資金供給オペから若干恩恵を受けた」と述べた。「ECBがこうし た措置を講じて以来、周辺国に対する投資家の姿勢が決定的に変わっ た。ギリシャをめぐる不安がまだあるものの、スペインとイタリア国 債の購入を投資家は手控えていない」と続けた。

ロンドン時間午後4時29分現在、イタリア2年債利回りは前日 比7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.52%。一 時3.49%まで下げ、9月2日以来の低水準となった。同国債(表面 利率2.25%、2013年11月償還)価格はこの日、0.11上げ

97.91。

イタリア10年債利回りは15bp低下し5.9%。同年限のドイ ツ国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は14bp縮小し404 bp。昨年11月9日には575bpまで拡大していた。

スペイン国債

スペイン10年債利回りは前日比24bp低下し4.97%。一時は 25bp下げ、日中取引として先月28日以降で最大の低下となった。 ドイツ10年債に対するスプレッドは310bpまで縮小し、先月21 日以来の最小となる場面もあった。

ドイツ10年債利回りは1.86%と、前日からほぼ変わらずとな った。イタリアやスペイン、ベルギー、オーストリア、フランス、フ ィンランドの国債のパフォーマンスを下回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE