米P&G:12年6月通期の利益予想を下方修正-為替相場が悪影響

消費財最大手、米プロクター・ アンド・ギャンブル(P&G)は、2012年6月期通期の利益予想を 下方修正した。為替レートがマイナスの影響を及ぼしていることが理 由。

27日の同社発表によると、通期の1株利益は最大4.10ドルと なる見通し。従来は最大4.33ドルを予想していた。ブルームバー グ・ニュースがまとめたアナリスト予想の平均は4.17ドル。

同時に発表した昨年10-12月(第2四半期)の調整後1株利益 は1.10ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト19人の予想平 均では一部コストを除いたベースで1.08ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE