レーン欧州委員、ギリシャめぐる合意極めて近い-月内決着を期待

欧州連合(EU)の行政執行 機関である欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は27日、 関係当局はギリシャ債務減免での民間関与について月内の合意に極 めて近いと発言した。

同委員はスイスのダボスで開かれている世界経済フォーラム (WEF)年次総会のパネル討論会で、「今後の3日間は3年後の 未来にとって決定的に重要だ。民間部門の自発的関与をめぐりギリ シャ政府と民間セクターは今まさに合意に達しようとしている。2 月に入るよりは1月中に合意できるのが望ましい」と語った。

ギリシャは昨年10月に大枠合意された額面50%の債務減免で、 民間部門との交渉が大詰めを迎えている。2020年に債務を国内総 生産(GDP)の120%とすることを目標に、欧州当局者らは民間 からより大きな貢献を引き出そうと躍起だ。民間債権者との合意は 公的部門による第2次ギリシャ救済の前提。

ギリシャのパパデモス首相はアテネ時間27日午後6時半から、 民間債権者を代表する国際金融協会(IIF)のダラーラ専務理事 と会談する。ギリシャ政府報道官によると、首相は午後0時半から ベニゼロス財務相、プロボポラス中銀総裁と協議する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE