バルニエ欧州委員:破綻銀行の債権者負担、提案の公表を遅らす方針

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会のバルニエ委員(域内市場・金融サービス担当)は、破綻し た銀行の債権者負担に関する提案をする前に欧州債務危機の「最悪期が 過ぎる」のを待つ姿勢を示した。

同委員は26日、世界経済フォーラム(WEF)年次総会が開催され ているスイスのダボスでブルームバーグテレビジョンとのインタビュー に応じ、「この提案を正しいタイミングで示すには今回の危機の最悪期 が過ぎる」のを待つ必要があると述べた上で、それは「数週間後という よりむしろ数カ月後」となる可能性が高いと付け加えた。

バルニエ委員は「一切の誤解を避けたい」と説明、破綻銀行の救済 負担を納税者に負わせることを防ぐ計画は「中長期的なものだ」と語っ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE