金融庁:投資信託・投資法人法制の強化を検討へ-審議会に諮問

金融庁は27日、商品内容が複雑な 投資信託や投資ファンドなど投資法人に関する規制強化に向けて検討 を開始した。同日夕開催の金融審議会(首相の諮問機関)で配布した資 料で明らかになった。

それによると、審議会では投資信託について、一般投資家の保護を 目的に、その商品性などに関連して日本より厳しい欧米などの規制も参 考に見直しを検討。投資法人では、取引の透明性を確保する方策などを 模索していく。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE