12月の小売販売額は前年比2.5%増-10年8月以来の伸び率

12月の国内小売業販売額は、前年 同月比で2カ月ぶりにプラスに転換し、伸び率は2010年8月以来の水 準となった。自動車や燃料、衣料品などの販売が好調だった。

経済産業省が27日発表した12月の商業販売統計によると、小売 業販売額は前年同月比2.5%増となった。10年8月は4.3%増。業種 別では、自動車が同14.9%増となったほか、燃料や医薬・化粧品、織 物・衣服・身の回り品が4-6%増加した。

ブルームバーグ・ニュースの事前調査では、民間エコノミストの 前年同月比の予想中央値は2.1%増で、実績は予想をやや上回った。

BNPパリバ証券の加藤あずさエコノミストは統計発表後のリポ ートで、天候を反映し冬物衣料など「季節商品が好調だった」と指摘。 また、震災から時間が経ち、手控えられていた高額品消費などの「ペ ントアップ・ディマンド(繰り越し需要)が顕在化している」との見 方を示した。

小売業販売のうち、百貨店など大型小売店販売額(既存店ベース) は前年同月比0.4%減だった。

--取材協力:Min Bui, Theresa Barraclough Editor: Norihiko Kosaka, Tetsuki Murotani

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: Andy Sharp in Tokyo at +81-3-3201-6893 or asharp5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Paul Panckhurst +852-2977-6603 ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE