金トレーダー:4週連続で強気-年初来上昇率、1980年以降で最大

金トレーダーは、4週連続で強気 姿勢を示している。米連邦準備制度理事会(FRB)が2014年終盤ま で低金利を維持する方針を表明したことから、金相場が上昇を続けると の見方が高まった。金相場の年初来上昇率は過去約30年で最大となっ ている。

ブルームバーグが15人を対象に実施した調査では9人が来週の相 場上昇を予想した。FRBが資産購入を通じた量的緩和第3弾 (QE3)に向けた地ならしを行う中、ブルームバーグが集計したデー タによると、上場取引型金融商品(ETP)を通じた金の保有額は25 日、39億ドル(約3000億円)増え、昨年10月以降で最大の増加を示し た。

FRBのバーナンキ議長が経済成長てこ入れのため追加的な債券購 入を検討していると発言したことを受け、金相場は一時2.7%上げ、過 去3カ月で最大の上昇率を示した。

ドイツのコメルツ銀行(フランクフルト)のアナリスト、ダニエ ル・ブリーゼマン氏は「FRBが相場支援のきっかけになったことは明 らかだ」と指摘。「金保有の機会費用は将来も低い状態が続くだろう。 それが金の魅力を押し上げるはずだ。金相場の長期的な上昇トレンドは 終了していない」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE