NY原油先物時間外:1週間ぶり高値近辺-米景気回復の兆しで

ニューヨーク原油先物相場は27 日の時間外取引で1週間ぶり高値近辺での推移。米景気回復の兆しで 燃料需要が増加するとの見方が強まった。

原油先物相場は小動き。前日の通常取引は続伸。昨年12月の米 耐久財受注が予想を上回る上昇だった。20日終了週のガソリン需要 は2週連続で増加した。

原油先物3月限はシドニー時間午前10時27分(日本時間同8 時27分)現在、15セント高の1バレル当たり99.85ドルで推移して いる。前日の通常取引は30セント高の99.70ドルで引けた。終値と しては19日以来の高値。今週に入っては1.4%、1年前に比べると 17%のそれぞれ上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE