「消費税国会」にはらむ国債金利上昇リスク、自民は解散要求

今国会で最大の焦点となっている 消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革は、野党側が野田佳彦首相 の呼び掛ける法案提出前の与野党協議を拒否していることで入口から 立ち往生している。民主党内に反対派が存在していることや自民党が 早期解散を要求するなど政局含みの展開になっており、法案が成立し なければ国債金利の上昇などのリスクをはらんでいる。

「野田政権のとるべき道は、有権者に謝罪をした上で、解散総選 挙を行い、国民に信を問い直すしかない」-。自民党の谷垣禎一総裁 は26日の衆院本会議での代表質問で、民主党が2009年の衆院選マニ フェスト(政権公約)に消費税増税を明記しなかったのは「公約違反」 として早期の衆院解散を求めた。

政府・民主党は6日の社会保障改革本部で、消費税率(現行5%) を2014年4月から8%、15年10月から10%に段階的に引き上げるこ とを柱とする社会保障・税一体改革素案を正式決定。3月に関連法案を 国会提出する計画だが、野党側は法案提出前の事前協議を拒否してい るほか、民主党内にも反対派を抱え、法案成立のめどは立っていない。

岩田一政日本銀行元副総裁は25日のブルームバーグ・ニュースの インタビューで、「野田首相が法案成立に失敗すれば、市場にかなり大 きなインパクトを与えることになる」と警鐘を鳴らす。岩田氏は1998 年10月から99年2月、2003年6月から9月にかけての2回、国債金 利が3倍以上に跳ね上がった例を挙げ、市場に並外れた衝撃が走る可 能性を排除できないという。

現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物の320回債利回り は27日、前日比0.5ベーシスポイント(bp)低い0.97%で始まり、直後 に1bp低い0.965%と18日以来の低水準を付けた。その後は0.965-

0.97%で一進一退となり、午後2時前からは0.965%で取引されている。

試算

財務省が試算した2015年度までの財政見通しによると、一体改革 が実現できなければ、同年度に新規国債発行額に相当する財源不足が

50.8兆円に上る。基礎年金の国庫負担割合引き上げに伴う歳出を加え れば、財源不足は14年度に51.9兆円と50兆円台を超え、15年度には

53.6兆円となる。試算は名目成長率を1%台半ば、金利(10年国債) を2%に設定している。

一方で、一体改革による消費増税に踏み切ったとしても、財源不 足は14年度に45.3兆円、15年度には45.4兆円と徐々に拡大。税収は 15年度に52.8兆円と50兆円台を上回るが、社会保障関係費や国債費 の増加によって歳出が100兆円を超える。14年度までの財政運営戦略 をまとめた政府の「中期財政フレーム」に基づいた新規国債発行額の 44兆円枠の維持は困難な状況だ。

増税反対派

消費税率の10%への引き上げは、もともとは2010年の参院選で自 民党が公約に明記した。公約作成に関わった自民党の野田毅税制調査 会長は、政府・与党の一体改革素案に盛り込まれている消費税の増税幅 については「そのこと自体はノーとは言いにくい」と指摘するが、そ れでも政策協議のテーブルにつけない理由として小沢一郎元代表ら民 主党内の増税反対派の存在を挙げる。

消費税増税に反対していた内山晃衆院議員らは昨年12月に民主党 を離れ、「新党きづな」を結成。共同通信によると、小沢氏は22日、 北海道釧路市の会合で、消費税増税は09年の衆院選で掲げた約束と違 う、と反対の考えを強調している。内山氏は27日、衆院本会議での代 表質問で現段階での消費増税について「デフレ経済下での増税は恐慌 のトリガーを引く大変危険な施策だ」と指摘した。

野田毅氏は民主党内の対立を解消できないままで野党側に協議を 呼び掛ける首相側の姿勢について「消費税を上げる第一義的責任を持 つのは政府・与党なのに、真っ二つになっている時に、なぜ野党に丸ご と賛成しろということになるのか」と疑問を投げ掛ける。

最悪のケース

同氏は「最悪のケースは与党内が割れたままで採決で賛否が分か れること」と指摘。与党側から大量造反が出れば、「僕らが協力しても 衆院で通らない。与党の中の一人、二人の反対ではないから、割れた ままでは逆立ちしたって通らない」と述べ、衆院通過も困難になると の見方を示した。

自民党の山本一太前参院政審会長は12日のインタビューで、首相 の政治姿勢について「党内に100人以上いる反対派をまとめる自信が ないから、素案の段階で事前に協議をして自民党の中の増税賛成派を 巻き込んで、民主党内の反対派を抑えようという極めて姑息な計略で 消費税問題に向き合うというそのひきょうさが許せない」と批判する。

消費税増税をめぐる政治の混乱が日本の信用をリスクにさらす可 能性は高まっている。実際、米格付け会社スタンダード・アンド・プ アーズ(S&P)の信用アナリスト、小川隆平氏(シンガポール在勤) は昨年11月24日のインタビューで、野田政権下で財政健全化が進ま なければ状況は悪化の一途をたどると発言。日本国債のさらなる格下 げが近づいている可能性があると語っている。

ネガティブ

同社は昨年1月から日本の外貨・自国通貨建ての長期国債格付け を最上位から3番目の「ダブルA」から、「ダブルAマイナス」に1段 階格下げしたと発表。長期国債格付けの見通しは「安定的」としてい たが、同年4月には「ネガティブ」に変更した。

自民党内でも財政再建派とされる野田毅氏は「危険水域に入って いる。僕らも今の首相以上に焦りを覚えている」と指摘。茂木敏充政 調会長は22日の党大会での政策報告で、政府・与党に対し、「1日も早 く税制改革法案を閣議決定して国会に提出してほしい。議論、協議は 徹底的に行うが、裏取引や談合はしない」と述べ、法案提出後は国会 で議論する方針を示している。

これに対し、自民党はあくまでも対決姿勢を貫くべきだと主張す るのは山本氏。「絶対に突破口はない。総選挙をやって民意のもとで政 権をつくり直してやらない限り、消費税増税はできない」と明言。消 費税増税法案が成立しなかった場合の国債市場に与えるリスクを聞く と、「負のインパクトは気になるが、法案に賛成すべきではない」と言 い切った。

--取材協力:藤岡徹、Aki Ito、日高正裕、下土井京子 Editor: Hitoshi Sugimoto, Takeshi Awaji, Norihiko Kosaka

参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人  Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港  Peter Hirschberg

+852-2977-6934 phirschberg@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE