米財務長官:欧州はまず防火壁の強化を、自助努力なくては支援望めず

ガイトナー米財務長官は27日、 欧州の各国首脳は危機対策の救済基金を増強するべきだと訴え、自ら の行動なくして域外からの追加支援は得られないだろうと警告した。

ガイトナー長官はスイスのダボスで開催されている世界経済フォ ーラム(WEF)年次総会で、「欧州を団結させ、通貨同盟を機能さ せる唯一の方法は、より強力な防火壁を築くことだ」と述べ、「より 力強い確約をもって資金が拠出される必要がある」と続けた。

同長官のこうした呼び掛けに国際通貨基金(IMF)も同調。2 年にわたる債務危機を終息させるには、欧州が差し出している資金は 十分ではないとの域外の政策担当者の苛立ちを表している。フランス とスペインの財務長官はこの日、投機防衛に向けた高い抑止策を設け る重要性について言及した。一方、ドイツ当局者は財政の規律回復に 引き続き注力すべきだと主張した。

昨年9月以降で6回目の欧州訪問中のガイトナー長官は、IMF が欧州の救済措置を支援する公算が大きいと述べた上で、より効果の ある域内での対応がまず必要であり、これに代わるものではないと言 明した。

恒久的な救済プログラム発動とともに7月に発効する救済基金の の上限5000億ユーロについて、欧州当局者らは3月に検証する計画。 レバレッジ活用によって、国際通貨基金(IMF)や米国が十分と判 断する水準まで引き上げられる可能性もある。

「防火壁」

フランスのバロワン財務相はこの日、「防火壁が高ければ、その 分これを利用する機会は少なくなるだろう」と語った。スペインのデ ギンドス財務相は「利用しなくて済むためには、十分な大きさと柔軟 性を持ち合わせている必要がある」と述べた。

これに対し、ドイツのショイブレ財務相は「現実の問題が解決さ れない限り、機能しないだろう」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Simon Kennedy in Davos, Switzerland at +44-20-7330-7086 skennedy4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew J. Barden at +971-4-364-1057 or barden@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE