アルトマン氏:欧州「アルマゲドン」への不安は大きく和らぐ

米投資銀行エバーコア・パートナ ーズのロジャー・アルトマン会長は、市場では欧州債務危機の悪化懸 念が和らいでいるとの認識を示した。

同会長は26日、世界経済フォーラム(WEF)年次総会が開かれ ているダボスでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、 「欧州が崖っぷちに立たされ、アルマゲドン(最悪の事態)寸前かも しれないといった不安は大きく和らいだ。その変化に多少驚いている」 と語った。

その上で、「危機が過ぎ去ったと言っているのではない」とし、 「現時点では若干和らいでいるということだ。それは例えばイタリア やスペインの借り入れコストにはっきりと見て取れる。クレジット・ デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッドにも表れている」と述 べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE