ドイツ:金融取引税代替案で英国の支持獲得目指す-印紙税形式

ドイツは金融取引税に代わるも のとして、欧州の印紙税を下地にした形で課税計画を準備している。 厳格な取引規則に関連した株式に課されるという。ドイツは欧州連合 (EU)全体にわたる課税に対する英国の支持獲得を目指している。

メルケル独首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)および連立 相手の自由民主党(FDP)は、英国の株式譲渡印紙税に倣って欧州 全体での税導入に向けてFDPの提案をたたき台にして課税計画をま とめている。FDPはブリューデレ前経済技術相が作成した報告の草 案で、自動取引での「ひどい行き過ぎ」を制限する規則が伴うならば こうした解決法は「好ましい選択肢」だと指摘している。

議会の金融委員会メンバーであるCDUのラルフ・ブリンクハウ ス議員は25日遅くの電話インタビューで、「欧州委員会が打ち出した 最大限の要求は全く現実的ではないとのコンセンサスが連立与党内で 形成されつつある」と発言。「英国の課税手段を恐らく補強し得るよう な複数の選択肢を検討している。それは『印紙税プラス未知の何か』 というものになる」と述べた。

今回のドイツの動きは、メルケル首相とフランスのサルコジ大統 領が支持する金融取引税は、英国の支持なしでは実現する可能性が低 いことを裏付けている。

欧州委員会はEU全域にわたる金融取引税を提案、年間で570 億ユーロ(約5兆8000億円)を集めるとしている。同取引税への 反対派を率いる英国は、世界的に適用されない限り効果はないと主張 している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE