フランス大統領選:社会党オランド氏、退職年齢60歳へ引き下げ公約

フランスの大統領選挙で最大野 党社会党の候補として勝利を目指す、フランソワ・オランド氏(57) は、退職年齢を現在の62歳から60歳に引き下げ、これに伴う年金 支出の拡大を補てんする増税を公約に掲げた。サルコジ大統領とは正 反対の方向性を示した。

オランド候補は26日、パリで選挙公約の詳細を発表。銀行に リテール部門と投資銀行業務部門の切り離しを義務付けると主張。ま た公務員の増員に必要な資金を賄うために富裕層への課税率を引き上 げる意向を示した。一方で予算削減の公約を守る姿勢を見せた。

オランド氏は22日、公認候補として初の本格的な選挙演説で、 最大のライバルはサルコジ大統領ではなく金融部門だと訴えていた。

サルコジ大統領は2010年、フランスの最上位格付けを維持す るために退職年齢引き上げを強行したものの、米格付け会社スタンダ ード・アンド・プアーズ(S&P)は今月に入り同国の格付けを引き 下げた。

原題:French Socialist Pledges Retirement Age Cut in Platform (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE