米新規失業保険申請件数:2.1万件増加、季節的な雇用変動を反映

先週の週間失業保険申請件数は 前週比で増加した。ホリデーシーズン前後に見られる季節的な変動の 大きさが反映された。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週から2万1000件増加して37万7000件。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は37万件だった。 前週は35万6000件(速報値35万2000件)に修正された。

レイモンド・ジェームズ・アンド・アソシエーツのチーフエコノ ミスト、スコット・ブラウン氏は「雇用市場の回復は引き続き軌道に 乗っている」とし、「根底にあるのはレイオフが比較的低水準に抑え られる傾向だ。確かに週ごとの比較では変動が非常に大きい」と述べ た。

より変動の少ない4週移動平均は37万7500件と、前週の38 万件から減少した。

失業保険の継続受給者数は14日までの1週間で、前週比8万 8000人増加して355万人となっている。

クしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE