米ロッキード:10-12月は15%減益-1株利益は市場予想上回る

国防関連最大手、米ロッキー ド・マーチンの2011年10-12月(第4四半期)決算は前年同期比 15%の減益となった。電子関連やスペースシステムズ事業での売上高 減少が響いた。

同社の26日発表によると、継続事業べースの純利益は6億 9800万ドル(約542億円、1株当たり2.14ドル)と、前年同期 の8億2100万ドル(同2.28ドル)を下回った。ブルームバーグが まとめたアナリスト23人の調査平均値では、1株利益1.95ドルが 見込まれていた。売上高は4.3%減の122億ドル。

ロッキードは12年通期の継続事業ベースの1株利益が7.70-

7.90ドル、売上高が450億-460億ドルとの見通しを示した。ブ ルームバーグがまとめたアナリスト予想値はそれぞれ7.63ドル、 466億ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE