韓国の現代自:10-12月は38%増益-「エラントラ」の米販売好調

韓国最大の自動車メーカー、ヒュ ンダイモーターカンパニー(現代自動車)の2011年10-12月(第4 四半期)決算は、前年同期比38%増益となった。小型セダン「エラン トラ」の米国での販売好調が寄与した。

同社の26日の当局への届け出によれば、純利益は2兆ウォン(約 1400億円)と、前年同期の1兆4500億ウォンから増加。ブルームバ ーグが集計したアナリスト13人の予想平均では、2兆2400億ウォン が見込まれていた。売上高は前年同期比11%増の20兆5000億ウォン。

営業利益は72%増の2兆1300億ウォン。ブルームバーグがまと めた予想平均は2兆2600億ウォンだった。

11年通期の純利益は前年比35%増の8兆1000億ウォン。売上高 は同16%増の77兆8000億ウォン。

同社は12年の販売台数を429万台と、5.7%の伸びを見込んでい る。11年は406万台だった。現代自と傘下の起亜自動車の会長を務め る鄭夢九氏は2日、両社の今年の販売台数が計700万台に達する可能 性があるとの見通しを示していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE