クボタ:海外農機メーカー買収を検討-2000億円超の可能性も

機械メーカーのクボタは海外農機 メーカーの買収を検討しており、買収金額が2000億円超に達する可能 性もある。ロイター通信が報じた益本康男社長の発言内容を、クボタ 広報担当の武富圭一郎氏が確認した。

益本社長はインタビューで、クボタが買収案件を検討していると 述べた上で、秋口までに決断したいとの期待を表明したと、武富氏が 26日の電話取材に明らかにした。クボタの海外農機メーカーの買収に ついては、ロイターが25日付で報じていた。

クボタは昨年12月、ノルウェーのトラクタ装着用作業機器メーカ ーのクバンランドを買収すると発表している。食料需要が高まる中、 世界的に農業機械市場の拡大が見込まれており、水田に比べて耕地面 積の広い畑作市場への進出が不可欠で、大型機械や畑作機械の品ぞろ え拡充の必要があるとしていた。クバンランドは品ぞろえが充実し、 技術力も高く、欧州でブランド力が高いとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE