野田首相:財政健全化推進の方針、自民と大きな違いない-答弁

野田佳彦首相は26日午後、衆院本 会議で、消費税増税などを通じた財政健全化に向けた改革の方向性で 民主党と自民党との間に大きな違いはないとして、社会保障・税一体 改革をめぐる与野党協議に応じるよう促した。自民党の谷垣禎一総裁 の代表質問に対する答弁。

首相は経済財政運営について「社会保障の充実、安定とともに財 政健全化を進めることはどの党が政権を取っても逃げることができな い課題だ」と指摘。谷垣氏に対し、「この改革の方向性について御党と の間で考え方に大きな違いはなく、ぜひ協議に応じてほしい」と呼び 掛けた。

一体改革の推進と民主党が掲げた2009年衆院選のマニフェスト (政権公約)との関係については、現在の衆院議員の任期中には引き上 げを実行しないことを挙げ、「公約違反ではない」と説明した。その上 で、「選挙中の発言で行き過ぎや言葉足らずの点があったとするなら、 素直に反省し、国民にお詫びもするが、政府の政策は状況の変化の中 で国民の声を聞きながら、優先順位を適切に判断していくことも必要 だ」と語った。

日本銀行との関係については「円高とデフレを克服するために日 銀と一層の連携強化を図り、切れ目ない経済・財政政策を行う」と述 べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE