財務省が26日公表した2012年度 一般会計予算の関連資料によると、国債と借入金、政府短期証券を合 わせた国の債務残高が2012年度末で1085兆5072億円となり、初めて 1000兆円台に乗ることが分かった。11年度末の段階では985兆3586 億円となる見込み。

12年度予算案の総額は90兆3339億円。東日本大震災の復興予算 (3.7兆円)や基礎年金国庫負担の一部(2.6兆円)は一般会計には計 上されておらず、6年ぶりに前年度を下回った。新規国債発行額は44 兆2440億円で、10年度以降、当初ベースで国債収入が税収を上回る 事態が続いている。

債務残高は、為替介入の資金調達のために発行する政府短期証券 (FB)を限度枠(195兆円)まで発行することを想定。11年度末の FB発行残高は約129兆円を見込んでおり、66兆円の発行余力がある。 FB発行額が想定を下回っても、債務残高の1000兆円超えは確実と見 られている。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE