韓国:10-12月GDPは前期比0.4%増に鈍化-市場予想下回る

韓国の昨年10-12月(第4四半期) の経済成長は前期と比べ鈍化した。欧州ソブリン債危機の影響が輸出を 圧迫した。

韓国銀行(中央銀行)が26日発表した10-12月期の国内総生産( GDP)は前期比0.4%増加。7-9月(第3四半期)は同0.8%増だっ た。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト10人の予想中央 値では同0.5%増が見込まれていた。前年同期比では3.4%増と、伸び率 は7-9月期(3.5%増)を下回った。

韓国中銀は13日の金融政策決定会合で、7カ月連続で利上げを見送 った。欧州債務危機がアジアの成長を圧迫しつつあるとの懸念が広がる 中、金利据え置き期間は2010年7月の引き締め開始以降で最長となって いる。

10-12月期の輸出は前期比1.5%減少。設備投資は5.2%減、個人消 費は0.4%減だった。

--取材協力:Sarina Yoo. Editors: Iain Wilson, Lily Nonomiya

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Seonjin Cha in Seoul at +82-2-3702-1601 or scha2@bloomberg.net Eunkyung Seo in Seoul at +82-2-3702-1639 or eseo3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE