【主要朝刊】エルピーダSMIC交渉、日野自新工場、NKSJ社長退任

朝刊各紙の主なニュースは以下 の通り。

【各紙】 ▽日産自:メキシコに新工場建設を発表-最大20億ドル投資 ▽ドコモ:通信障害が復旧-最大252万人に影響 ▽オバマ米大統領:公平な経済を強調、再選に意欲-一般教書演説

【読売】 ▽東電:1兆円出資受け入れへ-支援機構と議決権比率など詰め ▽EU:中国に資金拠出要請へ、危機対応で-2月北京で首脳会談 ▽厚生年金拡大、パート年収80万円以上、まず300人超企業-厚労省 ▽汚染疑い牛3000頭流通先不明-検査時すでに消費か

【朝日】 ▽政府:東電実質国有化5-10年想定、賠償額決まらず長期化 ▽下北沖にもM9級の震源域か、津波堆積物再点検-北大特任教授

【日経】 ▽東電:3年で黒字化、5年で社債-公的資金・民間融資で計2兆円 ▽消費税率8%時に1万円、低所得層に支給検討-政府・民主 ▽NKSJ:社長・会長退任、次期社長に桜田氏-合併協議弾みも ▽コマツ、日立建機:増益幅縮小-中国減速が企業業績に影 ▽日野自:エンジン新工場、群馬に200億円投資-基幹部品国内で ▽ドコモ:400-500億円追加投資計画、通信障害対策で ▽オリンパスへの出資、富士フィルムも提案-内視鏡と相乗効果 ▽古河電工:比に車用電線新工場、30億円-日本向け供給1割増 ▽王子紙:11年4-12月期経常益1割減400億円弱-為替差損響く ▽ニフコ:4-12月営業益27%減78億円-国内メーカー向け鈍化

【毎日】 ▽民主:人勧実施受け入れ、増税向け大幅譲歩-選挙制度でも軟化 ▽原発40年を明確化、20年延長は例外強調-民主改正案

【産経】 ▽エルピーダ:中国SMICと資本提携交渉-広島工場売却検討 ▽消費税率17.1%必要-年金抜本改革で厚労省試算

【東京】 ▽原発延長限定的に、寿命40年強調、例外規定維持-規正法改正案修正

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE