ECB3年資金、イタリアの銀行の利用が26%-クレディ・アグリコル

欧州中央銀行(ECB)が昨年12月 に実施した期間3年の長期リファイナンシングオペ(公開市場操作、 LTRO)では、イタリアとスペインの銀行がオペ資金を最も多く利用 した可能性が高い。クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・イ ンベストメント・バンクが指摘した。

ECBは先月、期間3年の資金オペを通じて、過去最大となる4890 億ユーロ(約49兆8000億円)を523の市中金融機関に供給した。クレデ ィ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンクの ユーロ圏担当エコノミスト、フレデリック・デュクロゼ氏(パリ在勤) は24日付の投資家向けリポートで、イタリアの銀行の利用額を合計1300 億ユーロ、スペインとフランスの銀行については630億ユーロと試算し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE