IMF:ギリシャのPSI交渉でECBに具体的役割求めていない

国際通貨基金(IMF)は25日、ギ リシャの債務の持続可能性を確実にし、2020年までに債務の国内総生産 (GDP)比を120%に引き下げる新たなプログラムの支援で、欧州中 央銀行(ECB)に「具体的な役割」を求めていないとの声明を発表し た。

IMFスポークスマンは新たなプログラムについて「民間部門関与 (PSI)と公的部門の支援の組み合わせで支えられる」必要があると 指摘。IMFはこうした目標達成で、いずれの部門の貢献度に関しても 「見解は持っていない」としている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE