NZ中銀:政策金利を過去最低の2.5%に据え置き-インフレは抑制

ニュージーランド(NZ)準 備銀行(中央銀行)は26日、政策金利であるオフィシャル・キャ ッシュ・レートを過去最低の2.5%に据え置くことを決めた。欧州 債務危機が国内経済を圧迫する中でインフレが「確実に」抑制さ れていることを理由に挙げた。

ボラード総裁は金融政策決定会合後の声明で、「現在も続く世 界情勢の不確実性と内需の緩やかなペースを考慮すれば、政策金 利を2.5%にとどめることが引き続き賢明だ」と説明した。12月 の声明では金利据え置きが「現時点では賢明だ」と述べていた。

NZドルはボラード総裁の声明発表後も高止まりしており、 ウェリントン時間午前9時12分(日本時間同5時12分)現在、 1NZドル=0.8148米ドル。声明発表直前は0.8139米ドルだった。 ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査では、14 人全員が金利据え置きを予想していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE