NY外為:ドル下落、対ユーロ1カ月ぶり安値-超低金利の延長で

ニューヨーク外国為替市場では ドルが対ユーロで1カ月ぶり安値に下落した。米連邦公開市場委員会 (FOMC)が「非常に緩和的な」金融政策を継続するとして、 2014年遅くまでフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を低水 準に据え置く意向を示唆したことに反応した。

FOMCはこれまで、政策金利目標を2013年半ばまで据え置く 意向を示していた。米連邦準備制度理事会(FRB)は、FOMC メンバーのFF金利誘導目標に関する予測を25日に初めて公表。こ れを受けてドルは一時、下げを埋める場面も見られた。メンバー17 人中9人は14年末時点まで政策金利が1%未満にとどまると予 想。

ユーロはこの日の朝方、主要取引通貨の大半に対して下落。EC Bが保有ギリシャ国債の減免受け入れに反対していると伝えられたこ とが材料。ニュージーランド・ドルは米ドルに対して高値で推移。同 国中央銀行が政策金利を2.5%に据え置く決定をしたことが手掛かり。

ゲイン・キャピタル傘下のオンライン為替取引会社FOREXド ット・コム(ニュージャージー州ベドミンスター)のチーフストラテ ジスト、ブライアン・ドーラン氏は、FOMCの決定について、「2014 年遅くまでというのは市場の予想をはるかに超える長さで、このため ドルに対してネガティブな反応が出た」と指摘。「FOMCは市場に対 して低金利が続くと保証し、金利がすぐに上昇することはないと企業 に確信させることで景気の底上げを図っている」と述べた。

ニューヨーク時間午後3時40分現在、ドルはユーロに対し前日 比0.6%安の1ユーロ=1.3112ドルと、12月21日以来の安値。 円に対してはほぼ変わらずの1ドル=77円71銭。一時0.8%上昇 する場面も見られた。ユーロは対円で0.6%高の1ユーロ=101円 89銭となっている。

FF金利

FOMCはこの日発表した声明で、「委員会は非常に緩和的な金 融政策スタンスを維持する方針だ」としたうえで、「低レベルでの資 源活用と中期的には落ち着いたインフレ見通しを含む経済状況が、少 なくとも2014年遅くまではFF金利の異例な低水準を正当化する可 能性が高いと現在想定している」と述べた。

FOMCがこの日公表したメンバーによる予想では、12年の成 長率とインフレ予想も引き下げられた。

バーナンキFRB議長は声明発表後の会見で、一段と大規模な国 債購入は依然として「選択肢の一つ」に入っていると述べた。同議長 はさらに、インフレが長期にわたり目標を下回り、雇用改善が極度に 遅い場合には、追加緩和策の可能性もあり得ることを認めた。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル・インデックスは0.5%低下して79.441と、12月21日以来 の低水準に下げた。

貿易赤字

GFTフォレックスの通貨調査担当ディレクター、キャシー・リ ーン氏(ニューヨーク在勤)は「声明を受けてドルが激しく売り込ま れた」と指摘。「低金利の維持を延長したということは、FOMCが3 月か4月に一段の量的緩和を導入する可能性が高まったということだ」 と解説した。

円は主要取引通貨の大半に対して値を下げた。日本の財務省が発 表した貿易統計で12月の輸出が前年比8%縮小したことを受け、円 売りが進んだ。ブルームバーグがまとめたエコノミスト27人の予想 平均は7.4%の縮小だった。

ブルームバーグ相関加重通貨指数によると、円は先進9カ国通貨 に対し過去1週間で2.7%下落。ドルは同期間に1.4%下げた一方、 ユーロは0.7%上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE