米ボーイング:2012年は減益の見通し-国防費減や年金負担増が重し

米航空機メーカーのボーイング は、2012年通期利益が昨年実績を下回るとの見通しを示した。航空 機製造が記録的水準に達するものの、米国防費削減と年金コストの増 加がかさむという。

同社の25日発表によると、今年の通期利益は1株当たり4.05 -4.25ドルとなる見込み。ブルームバーグがまとめたアナリスト 27人の予想平均(4.89ドル)を下回った。売上高については780 億-800億ドルを予測している。アナリストの予想平均は784億ド ル。

ボーイングによると、11年通年の純利益は40億2000万ドル (1株当たり5.34ドル)、売上高は687億ドルとなった。昨年10 月に上方修正した自社予測では1株利益4.30-4.40ドルだった。

11年10-12月(第4四半期)の純利益は1株当たり1.84ド ル。調整後ベースでは1.32ドルと、アナリスト予想(1.01ドル) を上回った。売上高は196億ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE