IMF専務理事:正しい決定あれば2012年に日米などの景気改善へ

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は米国、日本、その他地域の景気について、正しい決定が下さ れるならば、2012年末までに改善しようとの見方を明らかにした。同専 務理事はラジオ放送のインタビューで語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 桧誠司 Masashi Hinoki +81-3-3201-8843 mhinoki@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE