米アカデミー賞:スコセッシ監督の「ヒューゴ」、最多11部門で候補

第84回米アカデミー賞の候補が 24日発表され、マーティン・スコセッシ監督が初めて手掛けた3D (3次元)映画、「ヒューゴの不思議な発明」が作品賞、監督賞など 最多11部門でノミネートされた。主演男優賞はブラッド・ピットや ジョージ・クルーニーが争う。

米映画芸術科学アカデミーがカリフォルニア州ビバリーヒルズ での会見で発表した。サイレント映画時代を描いた「アーティスト」 は、作品賞や監督賞など10部門で候補入りした。

作品賞にノミネートされ注目度が高まれば、興行収益や家庭用 ビデオの売り上げが増大。昨年、作品賞を受賞した「英国王のスピ ーチ」は、ノミネート後最初の週末の劇場入場券販売が41%増加し た。

授賞式は2月26日で、ABCテレビが中継する。調査会社ニー ルセンによると、昨年の授賞式のテレビ中継の視聴者数は全米3790 万人に上り、スポーツ以外の単発の番組では最多だったという。

作品賞にはこのほか、「ファミリー・ツリー」や「ものすごくう るさくて、ありえないほど近い」、「マネーボール」、「ツリー・オ ブ・ライフ」、「戦火の馬」などがノミネートされ、候補は計9作品 となった。

主演男優賞候補には「ファミリー・ツリー」のクルーニー、「マ ネーボール」のピット、「アーティスト」のジャン・デュジャルダン らが、主演女優賞候補には「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・ マーラ、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」のメリル・スト リープらがそれぞれ選ばれた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE