肥料メーカーの露ウラルカリー:減産の準備できている-価格下落阻止

ロシア最大の肥料メーカー、ウラ ルカリーは、肥料の原料となる炭酸カリウムの価格下落を阻止するため 減産の準備ができていることを明らかにした。カナダのポタシュも今年 に入って減産を発表している。

ウラルカリーのビクトル・ベリャコフ最高財務責任者(CFO)は 24日、ロンドンでインタビューに応じ「当社の戦略では価格の方が生 産量よりずっと重要だ」と説明。「この市場の大手企業の大半も同様の 戦略を取っている。適正な水準に価格が上昇するまで、通常、減産を実 施する」と述べた。

クレディ・アグリコル・セキュリティーズUSAのアナリスト、マ ーク・コネリー氏(ニューヨーク在勤)によると、ロシアと、ポタシュ などカナダの肥料メーカーは世界の生産の約65%を占める。指標とな る米中西部の炭酸カリウム価格は2010年7月以降45%回復しており これらの企業は価格水準の回復を持続させることを目指している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE