米大統領一般教書:シェールガス掘削を推進へ、60万人雇用創出も

オバマ米大統領は24日夜の一般 教書演説で、景気てこ入れ策の一環として、シェール(頁岩層)に埋 蔵される天然ガスの掘削を推進する方針を打ち出した。

オバマ大統領は地下の岩層に水や砂、化学物質を高圧で吹き込み 天然ガスを抽出する水圧破砕技術の推進によって、2010年代末まで に60万人の雇用が創出できると説明。経済成長を促進するエネルギ ー政策の一つとして水圧破砕技術を挙げた。

大統領は演説で「米国には100年近く持続可能な天然ガス供給 量がある。現政権はこのエネルギーの安全な開発に向けて可能な限り の行動を取る」と言明した。

また、クリーンエネルギーの利用拡大を支持する考えをあらため て表明し、エネルギー効率を向上させる奨励策を発表。汚染の少ない エネルギー源を利用する発電の割合を2035年までに高めるよう議会 に再度要請した。

大統領は「米国には、国内の全ての利用可能なエネルギー源を開 発する徹底した戦略が必要だ。よりクリーンで低コストであるととも に、新たな雇用に満ちた戦略が要る」と強調。議員から総立ちの拍手 喝采を受けた。

To contact the reporter on this story: Katarzyna Klimasinska in Washington at 7313 kklimasinska@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jon Morgan at jmorgan97@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE