ギリシャ経済には競争力向上が必要、債務削減だけでは不十分-IMF

国際通貨基金(IMF)は、第 2次ギリシャ支援のコストの一部を債券保有者が負担する計画に関連 して、競争力を高める措置を講じなければ同国経済を立て直すことは できないと指摘した。

IMFの主任エコノミスト、オリビエ・ブランシャール氏は24 日のワシントンでの記者会見で、「ギリシャが直面して問題を理解す ることが重要だ。すなわち公的債務と競争力の問題だ」と言明。「窮 地を脱するには両方の問題を解決する必要がある」と述べた。

また同氏は、2020年までにギリシャ公的債務の国内総生産(G DP)比が120%を上回らないようにすべきだとの立場を、IMFは 「明確にしてきている」と指摘。従って、債務交換交渉はまとまる必 要があるとの見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE