ユンケル議長:ギリシャ新発債金利はすべての期間で4%下回る必要

ユーロ圏財務相会合のユンケル議長 (ルクセンブルク首相兼国庫相)は24日、ギリシャの民間債権団との債 務交換で発行される新発債の金利は2020年まで3.5%を下回る必要があ るとの見解を明らかにした。

同議長はブリュッセルで記者団に対し、新発債の金利は「すべての の期間で」4%を下回る必要があると指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE