日本株は小幅高、ユーロ高・円安受け自動車買い-資源、海運も堅調

東京株式相場は小幅高。ギリシャ の債務交換協議の進展期待で前日の海外為替市場でユーロ高・円安が 進み、トヨタ自動車が5カ月ぶり高値を付けるなど業績懸念の後退で 自動車株が買われた。欧州連合(EU)によるイラン産原油の輸入禁 止決定などを材料に、国際原油市況が反発した影響で鉱業など資源関 連、海運株も高い。

TOPIXの終値は前日比0.61ポイント(0.1%)高の757.40 と6日続伸。日経平均株価は同19円43銭(0.2%)高の8785円33 銭と反発。日経平均は一時昨年11月4日以来、約2カ月半ぶりに8800 円台に乗せた。

明治安田アセットマネジメントの植草博幸トレーディング部長は、 「欧州情勢を警戒しつつも、過度の悲観が薄れユーロが買い戻された 影響もあり、金融マーケット全体でリスクオフの動きに変化が出てき た」と指摘。米国で雇用などの経済統計が改善傾向にある点もプラス 要因で、「海外投資家の日本株買い越し基調から、目先の相場はじり高 が見込まれる」と話した。

ギリシャ政府と、同国債の民間保有者を代表する国際金融協会(I IF)の債務減免協議は長引いているが、フランスのバロワン財務相 は23日の会見で、協議は「目に見えて進展している」と発言。ドイツ のショイブレ財務相も、協議完了を確信していると語った。フィナン シャル・タイムズ・ドイツ版(FTD)は、ギリシャ政府とIIFの 交渉担当者らが債務交換の条件で大枠合意したと報じ、交換後の債券 クーポンで最終合意を目指していると伝えた。

ギリシャ情勢に対する楽観ムードから、23日のニューヨーク外国 為替市場ではユーロが主要通貨に対し上昇。対円では一時1ユーロ= 100円49銭と、昨年12月30日以来のユーロ高・円安水準を付けた。 東京時間24日も1ユーロ=100円台前半と、前日の東京株式市場の終 了時点と比べ円安方向で推移。採算悪化懸念の後退でトヨタが反発し、 東証1部の売買代金トップ。デンソーや任天堂、コマツなども高い。

ペルシャ湾情勢も材料、海外勢買い観測も

また、23日のニューヨーク原油先物相場は1.3%高の1バレル=

99.58ドルと4営業日ぶりに反発。EUがイラン産原油輸入の全面禁 止で合意し、イランがホルムズ海峡封鎖など報復に出た場合の中東か らの原油供給寸断のリスクが材料視された。収益へのプラスの影響が 見込まれ、国際石油開発帝石や出光興産、コスモ石油、三井物産など 資源関連株も上げた。

また、ペルシャ湾緊張化によるタンカー運賃の上昇観測などから、 東証1部の上昇率上位に明治海運、共栄タンカーが並んだほか、川崎 汽船など大手海運株も高く、海運は東証1部33業種の上昇率1位。

野村証券の佐藤雅彦エクイティ・マーケットアナリストによると、 「外国人投資家からの日本株へのオーダーフローは明らかに増えてき ており、海外勢の動きが変わってきた」といい、個人投資家が主に手 掛ける信用買い残も減少傾向で、「需給面は改善している」としていた。 市場観測によると、取引開始前の外資系証券9社経由の注文状況は 340万株の買い越しで、買い越しは3日連続。

TOPIXマイナス場面、代金1兆円割れ

一方、この日はTOPIXが何度もマイナス圏に沈むなど、相場 の上値は重かった。TOPIXは前日までの5日続伸中に4.4%上げ ており、買い一巡感も出やすい局面。野村証の佐藤氏は、欧州問題へ の根強い警戒、今後本格化する決算発表を見極めたいとの心理がある ほか、「日経平均が昨年9月の月中平均(8695円)を上回り、機関投 資家がいったん売っておきたい水準」とも話していた。

東証1部の売買高は概算で18億3942万株、売買代金は9793億円。 代金は5営業日ぶりに1兆円の大台を割り込んだ。値上がり銘柄数は 640、値下がり877。東証1部の業種別33指数は海運、鉱業、医薬品、 輸送用機器、小売、その他製品、卸売、情報・通信、石油・石炭製品 など15業種が上昇。鉄鋼、証券・商品先物取引、非鉄金属、不動産、 電気・ガス、保険など18業種は安い。前日までのTOPIX5日続伸 中の業種別騰落では、上昇率1位が証券、不動産や保険、鉄鋼も上位 だったため、きょうは直近上昇業種への損益確定の売り圧力も見えた。

Fリテイリ高値、メルコHDは続落

個別では、関東甲信で24日未明にかけて雪が降るなど、厳しい寒 さが続く中、冬物衣料販売の伸びを期待した買いなどでファーストリ テイリングは続伸し、52週高値を更新。米マイクロン・テクノロジー、 台湾・南亜科技との3社による経営統合に向けて大詰めの交渉に入っ た、と24日付の読売新聞朝刊で報じられたエルピーダメモリも上げた。 半面、11年4-12月連結営業利益が前年同期比35%減と落ち込んだ メルコホールディングスは大幅続落した。

国内新興市場では、ジャスダック指数が前日比0.2%高の48.30 と小幅ながら3日続伸、東証マザーズ指数は0.6%高の375.77と続伸。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE