プロボポラス中銀総裁:ギリシャの調整計画は誤り-FT紙に寄稿

ギリシャ中央銀行のプロボポラス総 裁は英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に寄稿し、経済問題に取り 組むための2010年の同国の経済調整計画について、歳出削減と増税の誤 った組み合わせのため目標達成に予想より時間を要しているとの見解を 明らかにした。

同総裁は調整計画が主に増税による60%の税収増と40%の歳出削減 で構成されており、投資の税引き後のリターン低下によって企業の投資 のインセンティブが低下したと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE