スーパーボウル:賭け屋ではペイトリオッツ優勢-過去の的中率73%

米ナショナル・フットボール リーグ(NFL)の王座決定戦スーパーボウルでは、10連勝中のニ ューイングランド・ペイトリオッツがニューヨーク・ジャイアンツを 下すとの見方が優勢になっている。オッズメーカー(賭け屋)が提示 するポイントスプレッド(ポイント差)によると、アメリカン・カン ファレンス(AFC)王者のペイトリオッツが3ポイント上回ってい る。

2月5日にインディアナポリスのルーカスオイル・スタジアムで 行われるスーパーボウルは、4年前と同じ顔合わせとなる。当時は 12ポイント差と前評判で劣るジャイアンツがシーズン無敗だったペ イトリオッツを破った。

ジャイアンツは今季のプレーオフで2勝しているものの、オッズ メーカーのポイント差では不利とされていた。22日のサンフランシ スコ・フォーティナイナーズとのナショナル・カンファレンス(NF C)決勝戦では20-17で延長戦を制し、優勝を決めた。

ジャイアンツのクオーターバック(QB)、イーライ・マニング は、チームに対する掛け率は気にしないと22日の記者会見で語った。 「われわれは決して諦めず、疑う気持ちはまったくない。結果がどう であれ、最後の最後まで自信を持って戦い続ける」と述べ、「何とし てでも勝つ」と付け加えた。

米国の合法スポーツギャンブル情報ウェブサイトで最大手のプリ ゲーム・ドット・コムを運営するRJ・ベルによると、オッズメーカ ーはこれまで行われた45回のスーパーボウルのうち33回を当てて おり、的中率は73%となっている。今年の3ポイントのスプレッド について、RJ・ベルはペイトリオッツが勝つ確率は59%だと説明。 スーパーボウルに対する世界全体での掛け金は推定100億ドルを超 えるという。

2001年と03年、04年にスーパーボウルを制したペイトリオッ ツの今季成績は15勝3敗。対するジャイアンツは今季12勝7敗で、 2008年の対ペイトリオッツ戦を含めこれまでスーパーボウルで3回 優勝している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE