イタリアとスペインは入札乗り切りへ、ECB後押しで-JPモルガン

イタリアとスペインは今年 の入札を乗り切るだろうとの見方をJPモルガン・チェースが示し、 海外投資家による買い控えの影響を欧州中央銀行(ECB)と国内 投資家が緩和するためだと説明した。

JPモルガンの世界市場ストラテジスト、 ニコラス・パニガ ーゾグロー氏(ロンドン在勤)は20日のリポートで、「国外投資 家が満期債の償還金を再投資しないことを決めたとしても、両国の 月ごとの追加資金需要は200億ユーロ未満だ」とし、「ECBが 債券購入プログラムで長期債に軸足を置けば、イタリアとスペイン の国内銀行が短期債を中心に買い、両国が入札を乗り切るのを助け ることができるだろう」と分析した。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net

Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Paul Dobson in London at +44-20-7673-2041 or pdobson2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Daniel Tilles at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE