豪ドルが反落、ギリシャ債務交換交渉の行方不透明で-PPI伸び鈍化

23日の外国為替市場で、オース トラリア・ドルは反落。一時、ほぼ12週間ぶり高値を付けていたが、 ギリシャ政府と民間債権団の債務交換をめぐる交渉が難航するとの懸 念から、リスク資産への需要が後退した。

昨年10-12月(第4四半期)の豪生産者物価指数(PPI)の 伸びが鈍化したことで、オーストラリア準備銀行(中央銀行)が3会 合連続で利下げを実施する余地が広がり、豪ドルは下落した。

TDセキュリティーズのアジア太平洋地域調査責任者、アネッ ト・ビーチャー氏(シンガポール在勤)は、ギリシャの債務について 「自発的な合意に達するかどうか、完全にははっきりしていない」と 指摘。「週末までにすべてが決定しているという期待もあったが、今 回も実現しなかった」として、豪ドルやニュージーランド(NZ)ド ルなどの通貨は今後さらに下落するとの見方を示した。

豪ドルはシドニー時間午後2時8分(日本時間同0時8分)現在、

0.1%安の1豪ドル=1.0475米ドル。20日のニューヨーク市場では

1.0484米ドルだった。一時は1豪ドル=1.0494米ドルと、昨年11 月1日以来の高値まで上昇していた。円に対しては1豪ドル=80円 72銭。20日は80円75銭だった。

NZドルは1NZドル=0.8064米ドル。20日は0.8063米ド ルだった。対円では1NZドル=62円14銭。20日は62円11銭だ った。

-- Editors: Rocky Swift, Naoto Hosoda

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 亀山律子 Ritsuko Kameyama +81-3-3201-7441 or rkameyama@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Mariko Ishikawa in Tokyo at +81-3-3201-3654 or mishikawa9@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Rocky Swift at +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE