ギリシャ債務交換協議行き詰りか、新発債表面金利で-米紙WSJ

ギリシャの債務交換をめぐる同国政 府と民間債権団の交渉は21日に行き詰ったもようだ、と米紙ウォールス トリート・ジャーナル(WSJ)が伝えた。ギリシャが将来債券保有者 に支払う金利に関して、新たな意見の相違の兆候がみられる中で、民間 の銀行団の交渉責任者はアテネを離れたという。

事情に詳しい関係者によると、交渉は23日のユーロ圏財務相会合ま でに終了しない可能性もある。同会合ではギリシャ第2次支援が協議さ れる予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE