イタリア、成長支援策を閣議承認-競争力向上など目指す包括案

モンティ首相が率いるイタリア内 閣は、競争力向上と経済成長支援を目指した包括策を承認した。ユーロ 圏2位の高債務国であるイタリアは、債務危機の悪影響を乗り切ろうと 努めている。

モンティ首相にとって、先月の300億ユーロ(約2兆9900億円) の財政緊縮策に続く第2の法制化の取り組みである同包括案は8時間に わたった協議の末、承認された。この案は閉鎖的な職業制度の特権を減 らし開放を促すほか、エネルギー会社ENIのガス輸送部門スナム・レ テ・ガスのスピンオフ(分離・独立)による競争力強化を目指している。

モンティ首相はローマで会見し、「イタリア経済は数十年の間、3 つの大きな問題によって経済と社会の発展が阻害されてきた。3つの問 題とは、不十分な競争、不十分なインフラ、はびこる官僚主義だ」と説 明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE