ブラジル株(20日):週間ベースで3週連続上げ-大統領が利下げ示唆

20日のブラジル株式市場では指 標のボベスパ指数が上昇。週間ベースでも3週連続の上げとなった。ル セフ大統領が中央銀行の利下げ継続を望んでいるとの報道を受け、シレ ラ・ブラジル・レアルティなど住宅建設株が買われた。

売上高でブラジル2位の住宅建設会社シレラは、金利先物の利回 りが低下する中、7カ月ぶりの高値に急伸した。ライブ・エンターテイ ンメントを手掛けるT4Fは、ブラデスコ・コレトラが同社投資判断を 「アウトパフォーム」にしたことが好感され、過去4週間で最高値を付 けた。

ボベスパ指数は前日比0.6%高の62312.13で終了。指数構成銘 柄のうち上昇が41銘柄、下落が27銘柄。週間では5.4%上げた。通 貨レアルは0.6%高の1ドル=1.7552レアル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE