ギリシャと国際金融協会、債務交換の条件で初期合意-プロト紙

ギリシャ政府と、同国債の民 間保有者を代表する国際金融協会(IIF)は、ギリシャ債の自発的 な交換の条件について初期合意に達したと、ギリシャ紙プロト・テマ が報じた。情報源は示していない。

同紙によると、既発債を置き換える新発債の年限は30年で、表 面利率(クーポン)は当初が3.1%。その後3.9%に達するが、場 合によっては4.75%もあり得る。

IIFのチャールズ・ダラーラ専務理事が20日アテネで記者会 見し合意を発表する見込みだという。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net

Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Maria Petrakis at +30-210-741-9080 or mpetrakis@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE