ルクセンブルクがメルシュ中銀総裁をECB理事候補に指名-報道官

ルクセンブルクは20日、同 国中央銀行のメルシュ総裁を6月1日に空席となる欧州中央銀 行(ECB)理事ポストの候補に指名した。ユンケル首相の報道 官が同日明らかにした。

任期切れになるのはスペイン出身のゴンサレスパラモ理事。 同国は後任も同国出身者を充てたい意向だが、このポジションは スロベニアも狙っている。

ユーロ発足以来確保しているECB理事のポストを手放し たくないスペインは、ゴンサレスパラモ理事の後任にアントニ オ・サインス・デビクーニャ氏を指名。スロベニアは19日、同 国中銀のガスパリ元総裁を指名しており、これにメルシュ氏も加 わって三つどもえの戦いとなる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE