中国人民元、3カ月ぶり大幅安-週間ベースでは1年で最大の下げ

中国人民元は20日、ドルに対し 3カ月ぶりの大幅安となった。週間の下落率は1年ぶりの大きさ。世 界的な景気鈍化に伴い、中国が輸出企業を支援するため元上昇を抑え るとの観測が広がった。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上 海市場で前日比0.35%安の1ドル=6.3390元で終了。2011年10月13 日以来の大幅な下げとなった。週間下落率は0.51%と、昨年1月以来 最大。来週の中国金融市場は春節(旧正月)の連休で休場となる。

ブルームバーグが集計したデータによると、香港のオフショア市 場で人民元は前日比0.13%安の6.3040元。前週末比では変わらず。 元の1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は前日比0.13% 安の6.2919元。上海スポット取引の元相場に対するプレミアム(上乗 せ幅)は0.7%。前週末からは0.2%上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE