米コダックの破産法適用申請、「信用事由」に該当-ISDA判定委

国際スワップデリバティブ協 会(ISDA)の判定委員会は、米写真用品メーカーのイースト マン・コダックの破産法適用申請が「クレジットイベント(信用 事由)」に該当すると判断した。これにより、同社社債のクレジッ ト・デフォルト・スワップ(CDS)が決済される。

ISDAは19日、判定委が全会一致で信用事由に当たると判 断したことをウェブサイトで発表した。

米証券保管振替機関(DTCC)によれば、銀行やヘッジフ ァンドなどの投資家は13日時点でコダックのデフォルト(債務不 履行)に備え差し引き7億8880万ドル(約608億円)相当のプロ テクションを売買していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE