アップルのiPhone品薄でサムスン電子に恩恵も-中国の春節商戦

米アップルは中国で最も重要な 贈答シーズンである春節(旧正月)商戦中に、スマートフォン(多機 能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」を同国の自社店舗から 全て撤去したため商機を逃し、ライバル企業を勢い付かせることにな る可能性がある。

アップルは13日、「iPhone 4S」の発売初日に北京市内 の店舗で店を開けなかったとして客から生卵を投げつけられたことか ら、同国内5店舗でのiPhoneの全モデルの販売を停止した。同 国のオンラインストアでもiPhoneは売り切れている。

春節の休暇は1月23日から1週間。政府統計では昨年の春節の 小売売上高は640億ドル(約4兆9000億円)に上った。春節の10 日前にiPhoneが店頭から消えたことで、米グーグルの基本ソフ ト(OS)「アンドロイド」を採用する韓国のサムスン電子など他の スマートフォンメーカーは世界最大の携帯電話市場である中国での足 場を広げる可能性がある。

北京を本拠とするコンサルティング会社、ウォルフ・グループ・ アジアのデービッド・ウォルフ最高経営責任者(CEO)は「中国の 旧正月の売上高の大部分を占めるのは、今すぐ手に入れられるギフト だ」と述べ、「iPhoneと競合するアンドロイド端末は恩恵を受 けるだろう」と予想した。

いら立つ消費者

ウォルフ氏によると、台湾の宏達国際電子(HTC)や米モトロ ーラ・モビリティ・ホールディングスもiPhoneに匹敵する端末 を製造しており、アップルの販売停止にいら立つ消費者を獲得できる 可能性がある。

アップルの北京在勤広報担当者、キャロライン・ウ氏は店頭販売 停止による売り上げへの影響や販売再開時期についてはコメントを控 えた。中国での提携先のチャイナ・ユニコム(中国聯通)や他の正規 販売代理店では引き続きiPhoneの最新モデルの購入が可能。

--Edmond Lococo, with assistance from Penny Peng in Beijing and Jun Yang in Seoul. Editors: Michael Tighe, Bret Okeson.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo +81-3-3201-7499 or kshugo@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事についての記者への問い合わせ先: Edmond Lococo in Beijing at +86-10-6649-7507 or elococo@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Michael Tighe at +852-2977-2109 or mtighe4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE