ロゴフ教授:1、2カ国がユーロ離脱の可能性は8割以上-スイス紙

米ハーバード大学のケネス・ ロゴフ教授は、数年以内に少なくとも1、2カ国がユーロ圏から 離脱するリスクは80%以上あると指摘した。19日付のスイス紙 ターゲスアンツァイガーが伝えた。

ロゴフ教授は同紙とのインタビューで、「ギリシャは極端な ケースだ。同国は離脱し、自国通貨を切り下げ、20年間にわた ってユーロ圏外にとどまるだろう」と発言。「ギリシャやポルト ガル、アイルランドのほか、もしかするとスペインも支払い不能 状態にあり、債務再編が必要だ」と述べた。

また、欧州中央銀行(ECB)が「マジックで資金を生み出 し、問題国の国債を購入し、これらをバランスシートの暗い隅に 隠すことができる」と考えることは「問題だ」と語り、それは 「ねずみ講であって、最終的に破綻する」と強調した。

同教授は、欧州の銀行は「数千億ユーロ」に上る新たな資 本が必要だと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE