米GE株が下落、10-12月売上高が市場予想下回る-利益微増

20日の米株式市場の時間外取 引で、米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)の株価が下落。 欧州での需要減や金融事業の収入低下が響き、2011年10-12月 (第4四半期)の売上高がアナリスト予想を下回ったことが嫌気され た。

売上高はNBCユニバーサルの売却分を含めたベースで380億 ドル(約3兆円)と、前年同期の412億ドルから8%減少。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたアナリスト10人の予想平均400億 ドルに届かなかった。利益は一部項目を除いた継続事業ベースで1株 当たり39セントと、アナリスト13人の予想平均(同38セント) を上回った。

ウィリアム・ブレアのアナリスト、ニック・ヘイマン氏はブルー ムバーグテレビジョンのインタビューで、「今回の決算の特徴は、売 上高が多少減った一方で利益は若干改善したという点だ。これはGE が売り上げ増加に向け大きく努力する必要があることを浮き彫りにし ている」と述べた。NBCユニバーサルの売却分を除くと、売上高は 4%増だった。

入手可能な最も直近の通期データは2010年だが、同年は売上 高全体の約21%を欧州が占めた。

ヘイマン氏は欧州について、「低調な地域というだけでなく、ド ルが上昇しつつある状況では、売上高の目減りも発生することは確実 だ」と語った。

通常取引開始前の時間外取引で、GE株はニューヨーク時間午前 7時39分現在、2.2%安の18.73ドル。

20日の同社発表によると、一部項目を除いた継続事業ベースの 利益は39億3000万ドルと、前年同期の39億ドル(1株当たり 36セント)から1%未満の増益にとどまった。

金融部門であるGEキャピタルの収入は9%減の107億ドル。 利益は58%増の16億2000万ドルだった。ジェフリー・イメルト 最高経営責任者(CEO)は、利益全体における金融部門の割合低下 を目指し、同部門の簡素化を進めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE